ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンから帰国して3年目、月68'000円の生活にも慣れ 安あがりな「お買い得体質」も身に付き、これからも勝手気ままに「貧乏生活」を楽しむEasy Goingなオバサンのブログです。

前回のブログの
続きになるが、、

日本宿泊施設
どうだろうか、、

最後に宿泊したのが
5~6年前
友人に会うために泊まった
神戸ビジネスホテル

友人はたまたま
観光案内の仕事を
していたので
予約してもらった。

三ノ宮駅のそばで
1泊5,000円と安く
部屋も良かった。

Screenshot_20210916-004037_1
1泊£50だった「B&B」

ロンドンにいた時の
気ままな「ひとり旅」では
宿予約をしたことがない。

だいたい
行き当たりばったりで
決めていた。

使っていたのは
安く泊まれる
「B&B」または「INN」

「B&B」
朝食付きの宿泊施設

当たり外れはあるが
それぞれ
個性もある。

Screenshot_20210916-004126_1
「B&B」の朝食で
この「ハチミツ」にはびっくり!

*

「INN」とは
1階パブ(Pub)で
上が
宿泊施設になっている
宿屋。

Screenshot_20210915-001812_1
ここも1泊£50だった「INN」

パブでは
食事もできるので
「ひとり旅」には
助かる。

Screenshot_20210915-001920_1
ここのパブ
「ミシュラン1星」だった。

*

ただ
予約なし
リスクも伴う。

忘れられないのが
あるに着いたときの事。

*

シーズンオフだし
名前も知られていない
小さな町

100%大丈夫!
と思っていた。

ところが
どこも満室

たまたま見つけた
ギャラリーで尋ね
教えてもらった
3軒のホテルに電話したが
すべて満室!

薄暗くなってきたし
「どうしよう、、」
と思いながら
後ろを見ると、、

Screenshot_20210915-002351_1

明かりも付いていない
「お化け屋敷」のような
建物が目に入った。

しかし
よく見ると
HOTEL」という字が
かろうじて読めた。

「Hotel、、、
Hotel?!

10秒迷ったが、、

Screenshot_20210915-002413_1
1泊£60の部屋をGet

時には
リスク
思い出になる。

*

さて日本はどうだろう、、

予約なし宿泊
したことがないし、、

安い宿屋
どんな感じなのだろうか、、

それを考えると、、

いやぁ~
楽しみだわ!

*
*
*

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

政府が11月頃
「行動制限緩和」というものを
導入しそうだ。

収束の見えない
コロナに対して
感染対策をしながら
経済回していこう
というものらしい。

*

9月も半ばに入り
涼しくなったし
何処かへ
行きたい気分だ。

Screenshot_20210915-140121_1

若い頃は
長距離バス
よく利用していたが
60歳を過ぎると
列車楽!

また
気ままな「ひとり旅」には
列車合う!

*

ロンドンでは度々
「ひとり旅」をしていたのに
日本では
1度もしたことがない。

もっとも
駅に行き切符を買って
列車に乗るだけなのだが、、
Screenshot_20210915-001012_1

イギリスの列車切符
分かりやすく

片道往復
(何故だか片道と往復の
料金があまり変わらない)

ピークタイム
オフピークタイム
(これは違う!)

この他に
当日券(Day Return)だと
もっと安くなる。

その中でも
1番
気に入っていたのは、、

往復券
「行き」当日のみだが
「帰り」1ヶ月有効

すなわち
1ヶ月以内なら
いつ使ってもいい
というやつだ。

気に入った場所なら
宿泊して
もっと滞在する事もできる。

Screenshot_20210915-001624_1

もちろん
シニア特権もある。

「シニアレールカード」といって
乗車券30%OFFになる。

Screenshot_20210915-140046_1
普通列車の車内

「今日は天気もいいし
ちょっと出掛けるか、、」
と思ったら、、

オフピークタイム
チケット
30%OFF
「シニアレールカード」で
買うだけ。

予約もいらないし、、

すべて自由席なので
グリーン料金もいらない。

本当に
お気軽な旅ができた。

さて
日本はどうだろう、、

どれくらい
お気軽安い
ができるだろうか、、

そんなことを思いながら
情報
集めているが、、

これはこれで
楽しいわ!
*
*
*
※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!
  

「バンブーファイバー」を
初めて知ったのは
5年位前の
ロンドンにいた時。

環境問題に割と
反応の早い
ヨーロッパ

「スタバ」などの
コーヒーショップで
My Cup持参の人は
50p(約80円)割引という
サービスをやっていた。

その店内で
売られていたのが
「ECO BAMBOO FIBER CUP」

P_20210912_110819_EFF_1

このカップ
字のごとく
竹の繊維を使って
作られていて
軽量割れにくい

そして
最大のメリット
土に埋めると
生分解されて
土に還るという
環境やさしい素材

ただし
電子レンジや
オーブンには使えない。

*

先日
新しいお皿を買った。

P_20210912_111256_EFF
(株)キントー 990円(税込)

25cmサイズの
「バンブーファイバー」の
シンプルなお皿

キャンプ用に
作られたらしいが、、

P_20210901_140019_EFF_1「地産地消」

以前から
「ボケ防止」で
「#贅沢貧乏メシ」の
インスタをやっている。

使うのは
「地元の食材」や
残り物の「使い切り」など。

P_20210910_134917_EFF
「使い切り」

要するに
多くても
一皿300円までと
お金をかけず、、

いかに
それっぽく見せるか
という
貧乏人
「遊び」です。

P_20210912_113953_EFF
「色遊び」

このお皿
どんな料理にも合うし
見栄えも悪くない。

エコな食材
ぴったりの
「エコ皿」だわ!

*
*
*

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

↑このページのトップヘ