消費税UPまであと100日だそうだ。

消費税は景気に左右されにくく、
安定した税収を得ることができるのが
増税理由だ。
Screenshot_2019-06-25-14-27-43
ただし、同時に
「軽減税率」というものが導入され
食品新聞が対象となり、
現在と同じ「8%」のままだそうだ。

対象品目を見てみると、
Screenshot_2019-06-25-14-12-20

これはややこしくて、、

例えば、
マクドナルドでハンバーガーを買って
店内で食べると税率10%
テイクアウトだと税率8%になる。

もし、テイクアウトで買ったけど
気が変わって、
「やっぱり食べていこう」と
そのまま店内で食べたら、
どうなるのだろう。

イギリスでは
この「軽減税率」広く適用されている。
20190128_132041_20190625144135807

イギリスVAT(消費税のようなもの)は20%

数字だけ見ると、
「うわッ 高い!」と思うかもしれないが、
ヨーロッパでは普通だし、
住んでいてあまり感じなかった。

イギリスでは、
食料品子供用品、本無税!

そう、税率0%だ。

つまり貧乏生活者(私だ!)、
 子育てをしている人には、
ありがたい税率になっている。

Screenshot_2019-06-25-14-43-59

あと金額表示内税になっているので、
支払う金額ひと目でわかる。

日本では、
本体価格が大きく書かれているので、
レジで支払う時、
概算と合わず「あれ?」と思う時がよくある。

日本内税表示にして欲しい。
分かりやすくていいと思うが、

まぁ消費者も大変だが、
飲食店小売店大変だ!

そう言えば、増税に伴い
レジ1台につき、
20万円補助金が出るそうだ。

そのお金、何処から出るのか知らないが、、

なんか分かりづらく不透明増税だわ。


【追  記】

食料品税率0%イギリスだが、
課税されているお菓子がある。

それはチョコレート!
20190414_161024

肥満防止のために税金をかけたようだ

面白いのが、
普通のビスケット無税なのに、
チョコレート付ビスケット課税対象になっていた。
(レシートに課税されたものが明記されるので)

チョコレートが大好きで
課税されてからも買っていたが、
値段は以前と変わっていなかった。





ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ