ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンを「旅立ち」本帰国し、 月68,000円の「極貧年金生活」を開始。 Easy Goingなオバサンのゆったり、まったりブログです。

2019年11月

宮崎から札幌へは
直行便が無いので、
いつも東京を経由する

今回も
宮崎空港を10:00に飛び立って、
千歳空港に着いたのは15:00。

けっこう時間がかかる。

Screenshot_2019-11-23-19-47-19

なので、
いつも文庫本を用意するのだが、
今回は時間がなかったので
宮崎空港で買った。

買ったのは
群ようこさんの「ゆるい生活」

既に無理も我慢もしない
ゆるい生活をしているので、
「これ以上ゆるゆるにしてどうするんだ!」
と思ったが、、

飛行機の中では、
頭が痛くなる様なよりも、
軽く読めるの方がいい。

20191123_185535

読んで知ったが、
群ようこさんも「長女」だった。

私には「」がいる。

しかも、実家から
車で1時間程の所に住んでいる。

今回の件で、
ウチのばあさんはもちろん
最初は「」に頼んだらしいが、
「急に休みはとれない」
と断られたらしい。

そこでウチのばあさんは、
無理に「」に頼む事はせず、
私に頼んできた。

私には無理を言ってくる。

何故なら私は「長女」で、
頼まれたら断われないのを
知っているからだ。

長女」は下が生まれると、
いきなり「おねぇちゃん」になる。

おねぇちゃんなんだから、我慢しなさい」とか、
おねぇちゃんなんだから、面倒みなさい」などと
言ってくる。

そして「長女」は
おねぇちゃん」になった時から
自然と自立心養われていく。

20190221_195123_20191124162429173

長女群ようこさん
同じだったらしい。

の中の

「人を頼らないという性分は
子供のときから強くあった」

「人に頼ったり甘えたりするよりも、
自分でやった方が面倒くさくなかった」

という箇所に大きくうなずいた。


長女」は
人に頼るのも甘えるのも下手だが、
依存しない生き方ができる。

そして、
頼まれたら断る事ができず
札幌まで飛んできた






ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ




「改装中」の最中、
ウチのばあさんから電話がかかってきた。


ウチのばあさん曰く、
いつも行く内科の検診で引っ掛かり、
もっと詳しいチェックができる
CT検査が必要になったそうだ。

担当の先生は手際良く
CT検査の手配をしてくれたが、、

それが5日後

しかも
「造影剤」を使用するので、
立会人が必要との事。

そこで、ウチのばあさんから
「来て欲しい!」と泣きつかれた。

今? 宮崎から札幌
と思ったが、、20191121_072257
今、札幌にいる。

そして検査当日、小雪の降る中、
朝8:30のCT検査に間に合うよう、
ウチのばあさんをタクシー乗せて
病院に行った。

「造影剤」とは、
CT検査で静脈内に注射をし、
鮮明な画像が得られるので、
精度の高い診断ができるそうだ。

それでは何故付添いが必要かというと、
「造影剤」での副作用だった。

アレルギー体質の人は約3倍、
喘息のある人は10倍の可能性があるそうだ。

即時型副作用としては、
ほとんどが吐き気、嘔吐、熱感、
くしゃみ、咳等の軽いものから、
血圧低下、呼吸困難等の重い副作用から
死に至ったものもあるとの事。

ウチのばあさんは既に88歳

何があるか分からないという事らしい。

検査そのものは、10分くらいで終了

即時型副作用は何もなかった。

ただ年寄りなので、
時間差ででる事もちらりと思ったが、、

またタクシーに乗せて帰宅した。
P_20191120_144307


ウチのばあさんはいたって元気。

朝食抜きだったので、
土産の宮崎産かんしょ(さつまいも)を
自分でふかし、2個も食べて昼寝。

検査から1日経ったが、
副作用らしいものは一切なし!

何もなかったのだから、
それはそれでよかったのだが、

10分間検査のために、
宮崎から呼ばれたのか、、
と、思ってしまう。

まぁね、
泣く子泣くには弱いよね。
ポチッと応援クリックしていただくと
嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

この日は器具の取付と
「ガス給湯器」の交換なので、
ガス屋さんのみ。

ちょっと心配だったのは、
私自身がAmazonに発注し、
取り寄せた洗面器部品だ。

はたして無事つくだろうか、、
20191112_081217

なんせ
「取付説明書」が付いてこなかったので、
正確な寸法が分からない。

しかし、そこはプロ、無事付いた。

20191113_133108
いい感じ!

洗濯機用水栓も付き、
コンセント増設してもらった。

例の「リモコン」も付いた。
20191113_133122
洗濯機用水栓リモコン

そして、「ガス給湯器」も交換。

事前にペンキ塗り替えも終わっている。

pixlr_20191117213116026
Before                                               After

めちゃめちゃに良くなった。

ただ、
シャワー水栓(ガス屋さんが発注)のみ、
サイズ違いで再発注で後日取付となったが、、

他は終了。

「ガス給湯器」と「リモコン」の試運転もし、
水漏れのチェックもし、すべて問題なし。

あとは、
私が内装を少しずつ仕上げていくだけだ。

かかった費用は今のところ、

Amazon        11,925円
ガス屋さん   149,688円
合計      161,613円

これに内装代を入れたとしても、
18万位で収まりそうだ。

予算を大きく下回った。

これは何と言っても、
「ガス給湯器」と「リモコン」が
サービス(無料)だったのが大きい。

今回の「プチ改装」は
一般的なリフォームとは違って
プロの手を借りたDIYの様なもの。

他の業者から「見積り」を
取ったわけではないので
何とも言えないが、、

私としては
工事内容金額
満足のいくものだった。

ガス屋さんには感謝です。


お疲れ様でした!





ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ



朝9時前から工事開始。

小さな工事なので、
大工さんガス屋さんの2人だけだ。

まずは、
洗面化粧台の撤去から始まった。

私の部屋は角部屋なので、
共用廊下の一部が
私の専用廊下になっている。

なので、
場所が目一杯使える。

20191112_141648
大工さんもいつの間にか、作業台作ってるし、、

そして、
床と壁を剥がしていくのだが、
既存の下地を残しながらの解体は大変そうだ。

解体だけで2時間以上かかった。

20191112_105858
20191112_110426

次が配管だが、
排水管給水管そして給湯管
「洗面化粧台」のものを利用する。

20191112_111203
「洗面化粧台」の既存の配管

洗濯機用排水管は既存のものを使う。

洗面器用はこの排水管に繋げる事にした。

心配していた「勾配」もしっかりとれた。

洗濯機は「水」だけでいいので、
既存の給水管をそのまま使う。


そして、洗面器用配管だが、、

今回つける洗面器は小さいので
「単水栓」がひとつしか付かない。
20191112_081217


「単水栓」とは、
またはお湯しか出ない水栓

今は殆どが「混合水栓」なので、
「温度調整」が蛇口でできる。

でも、私は
「水もお湯も使いたい」と
無理なお願いをした。

そこで、ガス屋さんは、
20191112_141629

給湯管配管して、
給湯器リモコン「温度調整」が
出来るようにしてくれる事になった。

配管が終わった後は、
も「コンパネ」を貼ってもらって、

この日の作業は終了。

大工さんはこの日一日だけなので、
お願いして、
廃材となる木材を少しもらった。

これで「棚」も作れるし、
「よかったな」と思っていたら、、

20191115_164142

壁はペンキを塗る」と言っていたので、

大工さんからは
床の「養生シート」に「養生テープ」と
塗装用の「養生テープ」

ガス屋さんからは、
塗装もできる「シリコン」を頂いた。


買うとそれなりの「値段」はするだろうし、、

大変ありがたいことだ!


「2日目」は器具の取り付け。


お疲れ様でした!!







ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

ガス屋さんにお願いしていた
「見積リ」は直ぐでてきた。

「見積り金額」は約15万

思っていた金額より5万少ない

内訳を見ると、
「ガス給湯器」の金額が入っていない。

「交換をお願いしたはず、、」

20191102_143906

そして、よ〜く見ると、
「ガス給湯器 サービス」と書いてある。

「サービス」って、、

「ただ」っていうこと?

そう、
「ガス給湯器」は「無料」
取り付けてくれるそうだ。

また、
職人さんからガス屋さん宛の
「見積り」も添付してあったが
ガス屋さんの「上乗せ」も無い。

とても良心的で、
貧乏人には
ありがたい「見積り」を頂いた。

即決で工事をお願いし、
私が選んだ洗面器
タブレットで見てもらい
打合せも完了。

すぐAmazon発注して、届いたのが、
20191112_081217
洗面器取付金具単水栓シングルレバー排水金具

安いぶん、
「取付説明書」などは無く
単品で届くようだ。

まぁ、
設備屋さんは分かるでしょうけど、、

また、
発送先が違うので、
3回に分けて届いた。

しかも全部違う配達業者だった。

20191112_080454
既存の洗面化粧台は撤去

ここが「洗濯機置き場」になるので、
洗面器は唯一あいている壁に取り付ける。

また、
新しい「ガス給湯器」が来る前に、
取付場所のサビ落し塗装
終わらせておくつもりだ。

20191110_131420
「プレミアム付商品券」購入。

大工さん
たまたま空きができたので、
工事もすぐ始まりそうだ。

そう言えば、
洗面器単水栓は、
「お湯」が出るようにしてくれるそうだが、、

どうやるのかなぁ?

それにしても何故「ガス給湯器」が
「無料」になったのだろうか、、

「それなら払う?」
と言われたら困るので、
聞くに聞けない。

この手の「サービス」に
慣れていないので、
とってもありがたいのだが、
戸惑ってしまう。





ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ




↑このページのトップヘ