ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンから帰国して3年目、月68'000円の生活にも慣れ 安あがりな「お買い得体質」も身に付き、これからも勝手気ままに「貧乏生活」を楽しむEasy Goingなオバサンのブログです。

2019年12月

前のブログにも書いたが、
札幌にいるついでに
実家の大掃除もやっている。

まずは食品から始めたが、、

ウチのばあさんは一人暮らしなのに、
大型冷凍冷蔵庫を使っている。

おまけにそれとは別に、
小型冷凍庫も使っている。

P_20191215_195013
掃除が終わった小型冷凍庫

数年前の買い替えの時
小型にするように言ったのに
330L3ドアタイプを買ってしまった。

だが数年前から、
一番上と棚の奥に
手が届かなくなってきた。
(ほらね、だから言ったのにさ)

今は自分の手が
届く範囲で使っているが、、

元々詰め込むのが
好きなウチのばあさん
買った物を手前に入れて
ぎゅっと押し込む

なので、
それぞれの棚の食品は、
手前が新しいもの、
中間は
賞味期限間近叉は期限切れ、
奥にはビンテージの食品が潜んでいる。

冷凍室も同様で、
半分から下は
正体不明の物が固まっている。

P_20191215_194940
掃除後の冷凍室

片付けをして、
だいぶ捨てたが、、

食べ物を捨てるのは、
どうも忍びない。

なので、
食べられそうな物は、
優先順位をつけて消化している。

宮崎では
直売店新鮮な食材を買ったり、
「プチ糖質制限」なんかも
やってたんだけどなぁ。

「清く正しい食生活」は
吹っ飛んでしまったわ!

まったく、
困ったもんだ。
P_20191215_195225

これからは
物を詰め込めないよう、
棚の奥にを入れておいた。

まぁ、
お正月までには片付くだろう。

せっかく北海道にいるのに、
新鮮美味しいもの食べたいわぁ!




ポチッと応援クリックしていただくと
嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ






当初1週間の滞在予定が、
「エッ!」「アレ?」という間に、
ウチのばあさん手術となり、
結局札幌で年越しとなった。

札幌でのお正月は何年ぶりだろう、、

あまり昔すぎて覚えていない。

P_20191209_144939

昼間は、
ものが捨てられない
ウチのばあさんのいないうちに、
大掃除を兼ねた実家の片付け

そして、
ウチのばあさんの様子を見に病院へ。

夜は暖かい家の中でのんびりだ。

20191121_072403

私は、この煙突付きの
大型灯油ストーブが好きだ。

臭いもなく、部屋全体が
ほんわか暖かくなるのがいい。

このほんわかな部屋に合うのが、
手軽にできる「ハンドメイド」

特に「編み物」は定番だと
勝手に思っている。

片付けをしていたら、、

出てきた!出てきた!
ウチのばあさんのコレクションが!

ほどいた毛糸玉も含めて、
衣装ケース8個分毛糸!

まだ何処かに、
隠れているかもしれないが、、

断捨離にはまったくならないが、
ネットで見た「ルームシューズ」を
作ってみることにした。

20191123_100126

大ざっぱな私は、
作り方も大ざっぱで、
自分の足に合わせながら
形にしたので、
ちょっと左右が違ったが、、

20191124_184432

履いてしまえば、分からない。

結構簡単に出来たので、
気を良くして、もう一足作った。

20191122_134700
フローリングの床には、なかなか良い。

でも、当たり前だが
衣装ケース8個分毛糸で、
「ルームシューズ」を作る気はない。

さてさて、どうやって処分しようか、、

なんでこんなに溜め込んだのかねぇ。

北国長い冬
何か作ろうと毎年買っているうちに
溜まってしまったのだろうねぇ。

でも、買ったら使いましょうよ!






ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

先週、
「75歳以上 医療費2割負担」という
ニュースが入ってきた。

これは元々、
「医療制度改革」の焦点となっていたもの。

政府は
団塊世代が75歳以上になる22年から
引き上げる事を検討しているそうだ。

現在は、
75歳以上の後期高齢者医療費の負担は1割

もっとも、
低所得者への配慮は検討中との事。

20191210_101336

そんな時、
ウチのばあさん精密検査時
請求書を受け取った。

内科から外科への移動という事で、
建物も変わるので、
一旦退院という形になったためだ。

請求書を受取って、、

「アレ?思ったより安い、、」

「差額ベッド代」は別として、
自己負担額が11月分15,000円
12月分15,000円計30,000円になっていた。

ウチのばあさん88歳なので、
もちろん1割負担
「後期高齢者医療被保険者証」だ。

それに加えて、後で知ったが、、

「限度額適用・標準負担額認定証」を
持っていた。

この2つを、入院時に提出していた。

ウチのばあさんも知らなかったが、
この「限度額適用・標準負担額認定証」が、
しっかり仕事をしてくれた。

20191210_064629

ウチのばあさん区分は「低所得者Ⅰ」

すなわち、「一番の貧乏人」という事だ。

と言っても、
1ヶ月の生活費は私の倍以上あるが、、

なので医療費がいくらかかっても、
「自己負担限度額」は15,000円らしい。

おまけに食事代
1食460円のところ100円になっていた。

ウチのばあさんの手術は無事終わり、
今希望していた個室にいる。

要するに病院代の殆どが
「差額ベッド代」という事だね。

もし年老いたご両親が入
院する事になったら、
この「限度額適用・標準負担額認定証」を
持っているかどうか、

また、なければ
すぐ申請する事をお勧めする。


ところで
「医療制度改革」が必要なのはわかるが、、

「高額療養費制度」は
このままにして頂きたいものだ。







ポチッと応援クリックしていただくと
嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

ウチのばあさんの1週間の
「精密検査」は急に決まったので、
病室が一番高い特別室Aしか
空いていなかった。

特別室Aは、
日額料金(税込)8,800円

4人部屋が空いたら
すぐ移動という希望を出して、
入院した。

ウチのばあさんも私も、
初めて見る個室
しかも一番いい特別室にびっくり!

部屋には、
シャワー、トイレ、洗面台はもちろん、
応接セットに
ミニキッチンまで付いているし、

大きなテレビはデ〜ンとあるし、、

バスタオルとハンドタオルと
予備のブランケットも付いていた。

P_20191126_144256

その辺のビジネスホテルより
はるかによい設備が整えられている。

もちろん、
テレビと冷蔵庫の使用料は
室料に含まれているし、
ウチのばあさんには必要ないが、
インターネットも使える。

P_20191126_144154

2晩この部屋で過ごし、
その後は
ちょっと安い特別室Bに移動した。

結局4人部屋は空きが出なかった。

たまたま個室を利用するという
機会があった訳だが、
88歳ウチのばあさんには大変良かった!

個室なので、
ぐっすり眠れたようだし、
何と言っても夜のトイレが楽だったそうだ。

高齢者には個室がいいかもしれない。

いや、
誰でも個室の方がいいに決まっている!

今回の事がなければ、
個室は特別な人が利用する部屋」
のままだったが、
誰が利用してもいいわけだ。


現在私が唯一加入している保険が、
保険料月2,000円県民共済医療保険だ。

20191207_152711_20191207160949980

この保険入院すると
1日目から1日当たり7,500円出る。

もっとも65歳〜70歳までは5,000円
年齢によって異なるが、、

これを「差額ベッド代」に使える。

住民税非課税貧乏人だが、
入院の時くらい「プチ贅沢」はいいよね。

ウチのばあさんの検査結果は
「胃がん」だった。

「外科」扱いになったので、
病棟も変わり、
病室も変わることになった。

すっかり個室が気に入った
ウチのばあさん
看護師さんに
「今から個室予約できますか?」
と頼んでいた。

手術の心配よりも、
病室の心配をしているし、、

どうも私のEasy Goingな性格は、
親に似たらしい。

まぁ、
これくらいの方がいいかもしれないが、、








ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

12月に入った。

1週間の予定で、
11月中に宮崎に戻る予定だったが、、

ウチのばあさん検査結果が、
あまりよろしくなかったので、
1週間の精密検査が必要になった。

なので、まだ札幌にいる。

P_20191128_111303_1
のなかった札幌が、
あっという間に
雪景色に変わってしまった。

あとひと月で、
今年も終わりだと言うのに、
今年初めての吹雪を体験し、、


P_20191128_135914
今年初の雪かきもし、、

ウチのばあさん
「まな板の鯉だ」と言いながらも、
いたって元気で、毎朝
「あれが欲しい」の「これが欲しい」のと
電話をかけてくる。

もともと1週間の予定だったし、
実家なので、バッグ1つで来た。

なので今は、
ウチのばあさんの「お下がり」と
数枚置いてある30〜40年前の
そしてこれもまた、
20〜30年前の初期のベンチコートを着て
病院通いをしている。

まぁ、見た目は「あれ」だが、
寒くないので「よし」としている。


さてさて、
ウチのばあさんはどうなるやら、、


あっそう言えば、
「着るもの」年代物でもいいが、
「靴」ダメだ。

先日歩いていて、「かかと」が壊れた。






ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

↑このページのトップヘ