5月ももう終わり。

早いものだ。

「使いきりde世界巡り」の8回目
元に戻ってイギリス

これで世界一周したことになる。

使うのは、
イタリアでも使った
「トリュフ風味」の粉チーズ

P_20200521_123922_vHDR_On

作るのは、やっぱりパブめしだ。

ロンドンにいた頃は、
時間を見つけて、
電車で小旅行をしていた。

その中に、
イギリスで最も「かわいい町」
と言われるRye/ライがある。

Screenshot_20200522-175425_1
中世の面影を残している町

Screenshot_20200521-203257_1

小さな町なので、
石畳を歩きながら回れる。

ここにエリザベス女王も訪れる
老舗ホテルがあった。

このホテルパブ
シーザーサラダを食べた。

Screenshot_20200521-203225_1
シーザーサラダパブめし定番

ライ港町として栄えていた
1490年頃
このホテル密輸業者定宿で、
このパブ溜まり場だったそうだ。

今も内装がそのままなので、
中世タイムスリップした
気分で食べた
シーザーサラダだった。

そうそう
密輸業者ゴースト
出るって言ってたな、、

ということで
シーザーサラダを作ることにした。

まずは、
冷凍していたチキンを焼いて
P_20200521_124737_vHDR_On

¥38/100gの時に多めに買って、
何枚かは
ローズマリーガーリック
塩コショウをして冷凍しておく。

そうすると
なにかと便利だ。

チキンを焼いているあいだに、
粉チーズを使って
「シーザーサラダドレッシング」を
作っておく。

IMG_20200521_143821_288

ボリュームたっぷりのサラダだ。

この「使いきりde世界巡り」は
調味料から
メニューを考えていった。

また
あるもので、
それっぽく作ったりと
なかなか面白かった。

もう一周出来る
調味料は残っている。

またやろうっと!





ポチっと応援クリックしていただくと
嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ