先日、
「預金相続」の記事が
偶然目に入り
忘れていた事を
思い出した。
*
身内が亡くなると
口座が凍結され
現金の引き出しや
公共料金等の
自動引き落としが
まったく出来なくなると
言われている。
*
役所に
「死亡届」を出したら
直ぐに
口座が凍結されるのかと
思っていたら、、
Screenshot_20210222-152509_1

そうではない。

家族が金融機関の
窓口で言って
初めて凍結されるそうだ。
(窓口で直接聞いた)
*
ウチのばあさんの場合
ゆうちょ
地方銀行
2つ口座を持っていた。
*
ゆうちょ口座には
医療費葬儀代などを
入れておいてくれたので
先にその分を引き出し
残金
1,028円にして
解約することにした。
*
正式にやると、、
P_20210221_154037_vHDR_On_1
手続きがかなり面倒

ゆうちょの窓口担当者曰わく
口座がそのままでいいのなら
残金にして
ほっておいていいですよ」
また
ゆうちょATM
1円まで引き出せますから」

P_20210221_154414_vHDR_On

思わず「へぇ~~!」だった。

郵便局もずいぶんと
柔らかくなったこと。

こういうの好きだわぁ~!

さて、
次は某地方銀行

公共料金
すべて自動引き落とし
なっていた。
しかも
新しい通帳を作らないと
10月以降の記帳が出来ない。
また
毎月10,000円
積立定期もしている。
*
銀行窓口で話したのは
  • ウチのばあさんが亡くなったこと
  • 記帳が出来ないので何が自動引き落としされているか分からないこと
  • 積立定期があること

口座凍結されますね、、
でも、
ちょっと待って下さい」
と言われた。

Screenshot_20210222-134555_1_1

結果
新しい通帳を作ってくれて
公共料金等
手続きが終わってから
解約していいことになった。

また
積立定期に関しては
その場で解約手続きをし
積立されていた
20万円現金
もらってきた。

ようするに
世間で言う口座凍結
金額によるようだ。

もっとも
金融機関によるのが
大きいのだろうが、、


ウチのばあさん
口座
凍結されなかった
*
*
お金が直ぐ必要な
貧乏人
救済処置かしらねぇ。
※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!