ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンから帰国して3年目、月68'000円の生活にも慣れ 安あがりな「お買い得体質」も身に付き、これからも勝手気ままに「貧乏生活」を楽しむEasy Goingなオバサンのブログです。

カテゴリ: ウチのばあさん

処分
ほぼ終わって
次の事を
始めている最中に

もうひとつ
手をつけていない
場所があるのに
気づいた。

それは
大きさ50センチ角位の
床下収納だ。

こちらの気分としては
「片付けは終了!」
なので

あ~~ぁと思いながら
開けてみた。

P_20210221_140643_vHDR_On_1
入ってるわぁ~

飲みもしない
ビールの大瓶数本!
しかも
1984年製造になってるし、、

P_20210221_140924_vHDR_On

あと
何に使うか分からない
空き瓶10個位

そして梅酒
P_20210221_150603_vHDR_On

日付は
P_20210225_220944_vHDR_On
平成6年8月1日

26年前梅酒だ。

ウイスキーやワインなら
大丈夫だと思うが、、

梅酒はどうなのだろう、、

ということで
コメント希望します

この梅酒飲めますか?
それとも
死にますか?
[追  記]
コメントありがとうございました!

試飲の準備も
充分なはずみもついたので
そろそろ開けたいと思います。

※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂く
大変嬉しいです!

先日、
「預金相続」の記事が
偶然目に入り
忘れていた事を
思い出した。
*
身内が亡くなると
口座が凍結され
現金の引き出しや
公共料金等の
自動引き落としが
まったく出来なくなると
言われている。
*
役所に
「死亡届」を出したら
直ぐに
口座が凍結されるのかと
思っていたら、、
Screenshot_20210222-152509_1

そうではない。

家族が金融機関の
窓口で言って
初めて凍結されるそうだ。
(窓口で直接聞いた)
*
ウチのばあさんの場合
ゆうちょ
地方銀行
2つ口座を持っていた。
*
ゆうちょ口座には
医療費葬儀代などを
入れておいてくれたので
先にその分を引き出し
残金
1,028円にして
解約することにした。
*
正式にやると、、
P_20210221_154037_vHDR_On_1
手続きがかなり面倒

ゆうちょの窓口担当者曰わく
口座がそのままでいいのなら
残金にして
ほっておいていいですよ」
また
ゆうちょATM
1円まで引き出せますから」

P_20210221_154414_vHDR_On

思わず「へぇ~~!」だった。

郵便局もずいぶんと
柔らかくなったこと。

こういうの好きだわぁ~!

さて、
次は某地方銀行

公共料金
すべて自動引き落とし
なっていた。
しかも
新しい通帳を作らないと
10月以降の記帳が出来ない。
また
毎月10,000円
積立定期もしている。
*
銀行窓口で話したのは
  • ウチのばあさんが亡くなったこと
  • 記帳が出来ないので何が自動引き落としされているか分からないこと
  • 積立定期があること

口座凍結されますね、、
でも、
ちょっと待って下さい」
と言われた。

Screenshot_20210222-134555_1_1

結果
新しい通帳を作ってくれて
公共料金等
手続きが終わってから
解約していいことになった。

また
積立定期に関しては
その場で解約手続きをし
積立されていた
20万円現金
もらってきた。

ようするに
世間で言う口座凍結
金額によるようだ。

もっとも
金融機関によるのが
大きいのだろうが、、


ウチのばあさん
口座
凍結されなかった
*
*
お金が直ぐ必要な
貧乏人
救済処置かしらねぇ。
※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

ウチのばあさんほどではないが、
元々貧乏性なので
モノによっては
なかなか
思いっきりよく
捨てられない。
いろいろと
「救済処置」を
考えてはいるが、
モノによって
状態が良ければ
他の方に使って
いただくことも出来る。
例えば
10年たったソファー
P_20210207_113611_vHDR_On

見た目も座り心地も
まったく問題ないので
知り合いが
引き取ってくれる。

また
電動リクライニングベッド
(テーブル付き)
P_20201211_114812_vHDR_On_1

こちらも10年物で、
父が倒れた時買った
介護用ベッドだ。

これは
お世話になった
地域包括センター
担当の方を通して
特別養護老人ホーム
寄付させていただいた。

大変だったのが
ウチのばあさん
衣装ケース8個分
毛糸コレクション

P_20210207_135111_vHDR_On

未使用で
揃っているモノ
衣装ケース3個に
ピチピチに詰めて
リサイクルショップへ。

また
未使用だが半端な毛糸
親戚
ダンボール1箱
引き取ってくれた。

そして
自分
ダンボール2箱
引き取って、、

P_20210207_113703_vHDR_On
早速
クッションカバーを作成。

その他にも
タオル、シーツ、肌掛け
キッチン用品
着れそうな服等々、、

これからたっぷり
5~8年分はある。

せっせと
使い切っていく
つもりだが、、

日通の
「単身パック Lサイズ」分
あるんだよねぇ~。

あ~~~ぁ
ため息が出るわぁ。


[追  記]
もうひとつ
処分に困ったのが
人形

ウチのばあさん
旅行先で買ってきた
こけしなどが
結構あった。

そんな時
Screenshot_20201215-184152_1
こんな広告を見つけた。

早速、電話で確認し
人形達
背中に背負って
両手に持って
電車で持って行った。

1時間以上かかったが
「人形供養」に
お願いできて
良かった。

モノ
買う時よりも
処分する時の方が
悩むわぁ~!

あっ!
もうひとつあった。

「買う」のはストレス解消
でも
「処分する」のはストレス倍増!

※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!


もし実家の片付けを
業者に頼むと、
いくらぐらいになるのだろう?

ちょっと調べてみた。

一軒家の場合、
家財道具処分費用
17万円~50万円程度
相場だそうだ。

我が家の場合、
住込み片付け業者(私)が、
ウチのばあさんから、
いくらで請負ったかというと、、

P_20201212_105659_vHDR_On_1
今は、片付いた玄関

ウチのばあさん
モノだけでなく、
貯金箱小銭
貯めるのも大好きだった。

とにかく、
家のあちらこちらに
貯金箱があった。

ある日、
モノ処分の話になった時、

「このモノの山処分費用
用意しておいてね」と言ったら、

母 「今、一生懸命貯めてる。
   ほらっ、500玉、結構貯まったよ!」

私 「・ ・ ・ ・」

Screenshot_20210120-144403_1
5個はあった、お気に入りの貯金箱

葬儀も終わり、
一段落ついでから、
点在していた小銭をかき集めて、
郵便局に持って行ったら、、

なんと、25万円あった!

これが、
住込み費用も含めた、
片付け請負額だ。

滞在中、
暖かい部屋で、
賞味期限切れ以外の物が
食べたかったら、

処分費用をおさえるしかない。

P_20210120_144728_vHDR_On

ということで、
指定ごみ袋を買ってきて
自分でやることにした。

「収集日カレンダー」のチェック。

「ゴミ分けガイド」を見ながらの
仕分け。

毎回、
「ごみステーション」を
いっぱいにしてしまった。

ごみ収集の方
ご近所の皆さん
すみませんでした!

詳細については、
またの機会に書くが、、

いやぁ~、捨てた!捨てた!


※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

2021年に入って、
1月も下旬。

「新型コロナ」の
感染者は増え続け、
「緊急事態宣言」が発令中。

しかし、
世の中は
慣れきってしまったのか、、

政府のいつもながらの
中途半端な政策に
あきあきしているのか、、

最初の時のような
「自粛」ムードには
ならないようだ。

P_20210109_115649_vHDR_On_1

私はというと、
ウチのばあさんを無事見送り
「自己自粛」は解除。

昨年の11月、
年寄りの「冬越え」は
無理だろうと思っていたので、、

既に航空券は購入し、
「PCR検査はどうしようか、、」と
思っていたところに、、

ウチのばあさん転倒
連絡が入った。


転倒
直接の「原因」ではないが、
「きっかけ」にはなったようだ。

「年寄りの転倒」は
「命とり」になるというのは
本当だ。

今、日本列島は
「新型コロナ」で
どこもかしこも真っ赤っか。

あの宮崎ですら、
ずっと2桁が続いている。

ということで、
暫くは
実家札幌
いることにした。

P_20201220_152344_vHDR_On_1

と言うよりは、、
ウチのばあさんが残してくれた
猫の額程の
土地の上に建つボロ家と、、

その中に詰まっている、、

モノ、モノ、モノ~~~
処理がある。


このモノ処理については、

「捨てろ!捨てろ!」と
言っても

「私が死んだら、捨ててぇ~~!」と
言い張っていた
ウチのばあさん
生前に
約束した事がある。

P_20210118_130128_vHDR_On_1

ひとつめは、
この山のようなモノ処理
私の僅かな老後資金
絶対に使わない
ということ。

ふたつめは、
賄い付住み込み
片付けをするので、
その間の費用の用意
しておいてほしい
ということ。

もっと賄いは、
いつもの如く
「賞味期限切れ」と
冷蔵庫の整理の
現物支給だが、、

今現在、
片付けの方もだいぶ進み、

「自分の時間」も
少しずつだが、
作れるようになった。


ということで、
相変わらず気まま
ゆるいブログ
なりそうだが、、

よろしかったら、
また
遊びに来て下さい!




また
よろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

↑このページのトップヘ