ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンを「旅立ち」本帰国し、 月68,000円の「極貧年金生活」を開始。 Easy Goingなオバサンのゆったり、まったりブログです。

カテゴリ: 持たない生活

来週から11月だが、
宮崎の日中は
まだ20度を超える。

さすがに朝晩は
10度まで
落ちることもあるが、、

P_20201023_103210_vHDR_On
「大淀川」

こんな感じなので、
衣替えといっても
たいした事はなく、
着ていた物を
そのまま移行したりする。

と言うか、
元々
手持ち少ないので
そうなるのだが、、

でも、
今回新調した物もある。
P_20201027_145338_vHDR_On
帽子スニーカー

以前使用していた帽子は、
可哀想なくらい
色がさめたので処分した。

スニーカー
「ゆるチャリ」用で
オバサン仕様の
軽くて、幅広のヤツ。

どちらも1,000円

マイファッション
前に買った
「アラ高のじいさんシャツ」と
合わせて3,500円出費

若い時と比べたら、
軽く1/10だわ。


を選ぶ時の基本は、
以前のブログにも書いたが、
  1. 着やすい
  2. 手入れがしやすい
  3. 合わせやすい
P_20201027_140909_vHDR_On_1
着ていた
ホワイトシャツを合わせて

P_20201027_135447_vHDR_On
これもにはいていた
千鳥格子パンツ

グリーン色のカーディガンは、
実家から持ってきた
90年代

P_20201027_135852_vHDR_On
ネイビーカラーの
レインコートと合わせて

数少ない服
足したり引いたりと、

季節をまたいだ
コーディネートです。





ポチっと応援クリックしていただくと
嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

あと1週間で、
消費税10%になる。

増税前に買うものの
ランキングの1位家電・家具
そして
2位スマホ・パソコンだそうだ。

流れに乗ったわけではないが、
先日スマホ購入

いまだ格闘中だ。

ただよかったのは、
生活費の1/3を占める
食品消費税8%のままだという事。

月に使用する生活必需品
それほどかかっていないし、
ストックもあまり置いていない。

あるのはラップ、アルミホイル、
スポンジのキッチン用品と、
トイレットペーパー
そして、固形石鹸

もともと固形石鹸派で、
ロンドンでは洗い心地のよさと、
コスパで、ニベア石鹸を使っていた。

20190922_115906
2箱で£1(約150円)

ニベアなので、
日本でも売っているかと思ったが、、

売っていない。

しかもAmazonで調べたら、
信じられない事に 
1箱528円!

まぁ、いい、、
日本にも、
よい石鹸はいくらでもある。

やっぱり子供の頃使っていた
牛乳石鹸かなぁ。

20190922_150739

牛乳石鹸青箱赤箱があるが、
オバさんにはしっとり感のある
赤箱の方があっているようだ。

それに青箱よりちょっと固めで私好みだ。

これで身体も洗っている。

20190922_150834

ネットを使うと、
本当にクリーミィーな泡ができる。

そして通常この石鹸
湿気の少ない洗面台に置いてあり、
使う時浴室に持って行く。

なので、
わが家にはハンドソープも、
ボディソープも、洗顔フォームもない。

この石鹸ひとつがすべてをこなしている。


月に2〜3個使うが、
それでも
かなりの節約になっていると思う。

ストックスペースも要らないし、

固形石鹸は、
間違いなく私の生活必需品のNo1だ !!






ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

7月に入ってもばかり!

蒸し暑いし、じめじめしてるし、
しかも大雨!

Screenshot_2019-07-02-19-38-18

せめて、
部屋の中くらいスッキリさせたい。

なので、
心掛けている事が幾つかある。


〔その1〕
なるべく床にモノを置かない

床が広いとスッキリ見える。
それに掃除が簡単。
20190702_173737

窓を開けっ放しにしているので、
だいたい毎朝、床を5分位乾拭き

今は、湿気が多いので
乾拭きだけで充分。

モップには
履かなくなった靴下
厚手のTシャツを使用。


〔その2〕
使ったモノは、元の場所に戻す

出しっ放しは、
やっぱり鬱陶しい。

それに「ものを探す」という
行為は好きではないので、
モノは定位置にあったほうがいい。


〔その3〕
部屋のデコレーションは少なめに。

小物や雑貨が好きなので、
いろいろ飾りたくなるが、
そこそこにしている。

20190702_173523
テレビのあるキャビネットにはあえて何も置かず

20190623_170011
コーナーにまとめた

デコレーションは
季節や気分によって変えていくつもりだ。


〔その4〕
ブログを書く
IMG_20181125_103151_280 

これは生活を一部公開しているので、
やっぱり「よく見られたい!」と、
ちょこっと見栄をはる。

「こんな事で見栄張ってどうするの」と思うが、
これが結構
部屋をスッキリさせてくれる。

そして、オバさんは、20190702_201625

「'95 100% SUMMER」を聴きながら、
このブログを書いている。

何か気に入ったものがあったら、
お試し下さい!






ボチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ


ロンドンでは、
スーツケース2個分の服で暮らしていたが
何年も同じばかり着ていたわけではない。

キープするを増やさなかっただけだ。

ちなみに
オバサンのファッションポイントは、
スバリ「若づくり!!!」

そして服を選ぶポイントは、
3つの「ヤスイ」

着ヤスイ
合わせヤスイ
手入れがしヤスイ

もちろん金額
「ヤスイ(安い)方がいいが、
「安かろう悪かろう」はいけない!

やはり値段相応
できれば値段以上
頑張ってくれるものがいい。

そこでよく利用したのが、
ロンドン市民の生活に欠かせない
「チャリティー・ショップ」

Screenshot_2019-04-20-20-55-17
よく行った
「チャリティーショップ」ディスプレイ

日本のリサイクルショップ
想像してはいけない。

「オシャレ」で、個性的な
「チャリティーショップ」が多い。

もちろん値段は、安い!

例えば、
Screenshot_2019-04-20-20-55-41

去年買った花柄パンツ£4.75と、
サーモンピンクのコットンセーター£2
合わせて£6.75(約¥1000)

皆、自分なりの「オシャレ」を楽しんでいるので、
寄付される服バラエティーにとんでいる。
見るだけでも充分楽しめる
Screenshot_2019-04-20-20-55-04
ブティックと変らない店内

ファッション楽しめる。

日本では、「ちょっとイタイかな」
と思うファッションでも
ロンドンでは溶け込む。

という事で、数点買って、
着ない
「チャリティーショップ」寄付する

簡単に言えば、
「チャリティーショップ」
「レンタルブティック」のように使って
ファッションを楽しんでいた。

それに使っていた金額
年間£30〜£40(¥4,500〜¥6,000)くらい。

でもここ宮崎では、
ちょっと考えなくてはいけない。

なぜなら日差しが強い、日本なので湿気がある
IMG_20180318_121143_025
おまけに自転車で走り回る

なので、必要なのが、
20190420_095601
帽子リュック型バック

そしてこれらに合う服になってくる。

着ヤスイ
動きヤスイ、
洗濯のしヤスイ
になってくるかな?

自分なりの「オシャレ」
楽しむつもりでいるが、、

今日は既に、ほぼ「夏日」

そのうち暑すぎて
「どうでもいい〜!!」
という事になりそうだが、、






ポチッと応援クリックしていただくと
嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

久しぶりに
日本のヘアーサロンに行って来た。

蒸しタオルを首の下にあててのマッサージ
気持ちよかったわぁ。
Screenshot_2019-04-18-21-31-21

「極貧生活」をしているとしては、
いくら割引クーポンを使ったとしても、
ヘアーサロンでのカット代は大きめの出費

しかし、これは外せないかなぁ。

オバサンでも、にちょっと手をかけると、
「小綺麗」に見えると思うから。

もちろんだけではなく、
ファッションも大いに関係あるが、、

ロンドンでは、
人々は流行にこだわることなく
皆自由にオシャレを楽しんでいる。
20180711_154422
オシャレジャマイカンオジサン


「オシャレな人がいっぱい!」と
いう感じてはないが
ファッション自由!

Screenshot_2019-04-18-18-47-30

例えば
「1日の中に四季がある」と言われるくらい
ロンドンの天気はころころ変わる。

なので、道行く人の中には、
季節を無視したファッションの人も
結構見かける。

そのこだわりのない「自由さ」いい!

私は引越しが多かったので、
荷物はコンパクトに
服は大型のスーツケース2個
決めていた。

それでも「オシャレ」は楽しめる。

この年齢になると、
自分に似合う服が分かってくる。

流行を追うこともないし、
もしやるとすれば
流行に合わせて
適当に手を加えるくらい。

という事で、
持ってきたと置いてあった
選別をしている。
20190418_160629
せめてこのトランクに納まるようにしたい

「小綺麗」に、そして、
ちょっぴり「オシャレ」に見える
を選んで、、

それが周りの人や、
世の中の流行から
ちょっと外れていても、、

自分なりの「オシャレを楽しむ」
のがいいかな。






ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ






↑このページのトップヘ