ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンから帰国して3年目、月68'000円の生活にも慣れ 安あがりな「お買い得体質」も身に付き、これからも勝手気ままに「貧乏生活」を楽しむEasy Goingなオバサンのブログです。

カテゴリ: 老後のリフォーム

我が家にも遂に
エアコンが付いた。

今回
キッチンとリビングの
間仕切りをなくして
ワンルームにしたので
10畳タイプにした。

P_20210609_091444_vHDR_On_1

店舗では
種類が有りすぎて
よく分からなかったので
先に
自分の希望を伝えた。

  • 本体の高さのないもの
  • 操作が簡単なもの
  • 「除湿機能」が付いているもの
そして選んだのが、、

日立ルームエアコン
「白くまくん」

しかも、、

P_20210611_153220_vHDR_On_1
21年度モデル!
*
*
決め手は
室内機のフィルターも
ファンも
室外機も
勝手に掃除
してくれるそうだ。

私がやるのは
小箱にたまったゴミ
年1回捨てるだけ、
(本当かな、、、)

価格はちょっと高め
166,250円+消費税
取付費
外の配管で追加が出て

合計 189,805円!
*
*
10万位予算
みていたのだが、、、

「楽」「簡単」
負けたわ!!
P_20210611_145955_vHDR_On_1_1

オーバー分
リフォームの工事金額が
予算より少なかったので
娯楽費としてとっておいた
40万から出すことにした。

まぁ
遊びお金
なんとかなるので、、

それにしても
付属のリモコン
大きい
シンプル分かり易いし、、

このエアコン
絶対に
シニアねらいだよね!

*
*
*

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

30年前
東京にいた時は
6畳ひと間で風呂無しの
超レトロなアパート
住んでいたのは
以前のブログにも
書いたが、、

1613484914462-eb01b94a-c1df-4a88-9a75-b0b2e23ed922_1
度々登場する「青雲荘」

写真整理の時
この写真も
ハッシュタグを付けて
インスタにUPしたら、、

「昭和レトロ」の建物の
対象にもなっていた。

私の場合は
6年もここに住んでいた。

要するに
貧乏でした。

なのに
何気なく立ち寄った画廊で
1枚一目惚れ!

それは
ベルナール・ビュッフェ
リトグラフ

P_20210608_095555_EFF

ベルナール・ビュッフェ
フランスの画家で
戦後の代表的な
具象画家ひとり

これを
36回ローンを組んで
買ってしまった!
1623062728326-708f9f1f-349a-40b8-808c-79db0da99b48__1
当時の部屋

ボロボロ落ちる
漆喰の壁に
「すだれ」を下げて、、

唯一の家具は
グリーンのカラーボックス。

その上には、
友人から1万で買った
テレビ。

そんな部屋に
ベルナール・ビュッフェ
を置いていたわけで、、

その後は
飾る機会も場所もなく
ず~っと
仕舞いっぱなし!

それがやっと再開!
P_20210607_171745_EFF

今回のリフォーム
専用の壁も作ったし、

やっぱり
白い壁
よく似合うわぁ~!
*
*
*
※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

50代の中頃
「海外移住」を真剣に
考えていた。

移住先は
タイHua--hin/ホアヒン

ホアヒン
バンコクからも近い
王室の別荘地として
知られているリゾート地

1622621410991-de382dd9-19a2-46bd-9ade-4c174e04d2f4__1

ビザ関係の資料も
知り合いのタイ人に
頼んで
取り寄せたりもしたのだが、、

Screenshot_20210602-165709_1


いろいろ考えた結果
老後
自分の生まれた国
暮らす事にした。

ここ宮崎気候
タイと似てるし
ちょっとだが
窓からも見える。

それに
なんていっても
青空がいい!

P_20210411_151942_vHDR_On

今回のリフォーム
我がボロマンション
なかなかいい感じになってきたし、、

P_20210602_150244_EFF

物入れの扉も
新しい折り戸に合わせて
白の木目調にした。

P_20210602_150411_EFF
ハンドルもシルバーのつや消し

せっかくなので
内装はちょっと遊んで
タイリゾートマンション風
してみようとおもう。
これから
長~い夏になるしね。


もう少し暑くなったら
去年タイから取り寄せた
クーリングパウダー
使い始めるし、、

コロナだし、、

お金もないし、、

家で
たっぷりタイ気分
味わうわぁ~!


P_20210509_143447_EFF

*
*
*

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

今回使っている塗料
ビニールクロスにも
直接塗れる
「室内かべ用塗料」

P_20210603_212706_vHDR_On

一般の塗料より
値段は高めだが
きれいな仕上がりになる。

ワンルームにした
リビングダイニング
天井を「ホワイト」
「ミルキーホワイト」にした。

天井
ローラーを使って
仕上げていく。

P_20210603_152311_vHDR_On_1


塗装そのものは
それ程大変ではないが、、

その前の作業大変!

まずは
下地処理から始まる。

P_20210530_220634_vHDR_On
「パテ処理」

次は養生だ。

今回は
天井全体なので
床には
養生シートを敷き詰め
家具類には
ビニールシートをかぶせる。

P_20210603_150932_vHDR_On

そして
天井の境目に
養生用テープ
貼っていく。

いつもなら
この後塗装なのだが、、


昨日は一日中
しかも大雨
そして湿度90%!

そのせいかどうかは
わからないが、、

養生テープ
貼ったかたっぱしから
剥がれてくる。

途中で
すっかりめげて
塗装中止!

P_20210530_220559_vHDR_On

その代わりに
キッチンの棚の残りで
コーヒー、紅茶用の
小さな棚を作った。

P_20210602_173237_EFF_1

なにかひとつでも
出来上がると
それはそれで
いいのだが、、

早く塗装
終わらせたいなぁ~
*
*
[追  記]

オリンピック開催まで
50日をきったそうだ。

政府の「コロナ感染対策分科会」の
尾身会長が遂に反論に出た。

何が何でも
開催したい菅総理

その下で動いている
橋本会長
開催の意義と説明が

「スポーツの力で
人々の繋がりの絆の
再生に貢献し
再び世界を
一つにすること」
だそうだ。

何かあったら
誰が責任をとるのか
知らないが、、


「コロナで
世界の感染の絆が
いっそう深まりました!」
と、ならないよう
祈るわ!

*
*
*

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!


リフォームの方は
天井と壁の塗装をやっている。

これもなかなか大変で、、

P_20210530_220559_vHDR_On

おかげさまで
「六十肩」でも
「五十肩」でもないので
腕は上がるが、、

ずーっと上を向いているので
首がだるくて
湿布を塗りながら
やっている。

ところで
5月支出
食費がなんと約25,000円


[5月の支出]
  • 管理費   7,000円
  • 固定資産税 3,300円 (月割り計上)
  • 生命保険料 2,000円
  • 国民保険料   0円
  • 医療費   8,020円
  • 光熱費   7,080円
  • Tel/Wi-Fi  5,970円
  • 食 費    24,741円
  • その他   5,990円
合 計  64,101円


工事中
キッチンがなかったので
コンビニ弁当などの
「出来合いもの」ばかりだった。

そして今も
私自身が職人なので
簡単に食べられる
お刺身やお惣菜などの
「出来合いもの」が多い。

やっぱり
こういった食生活
食費がかさむようだ。

ガス屋さんお薦めの
ビルトインコンロ
いろいろと便利な機能が
付いているようだが、、

P_20210528_121000_EFF

今のところ
作ったのは
ゆで卵と野菜炒めだけ、、

特にお薦め
「ラ・クック」

多分
「楽にクックができる」
からきた
ネーミングだと思うが、、

P_20210520_180619_vHDR_On

これは
早く試してみたいと思う。

生活費の方は
68,000円内で収まったが、、

今回の工事費
1,034,660円
(追加がちょっとあった)
現金で支払ったし、

私自身の塗料を含めた
材料費約40,000円
かかっている。

せめて
リビングダイニング
塗装が終わったら
自炊開始だ。

安い材料を買ってきて
「ラ・クック」
美味しいものでも作るわ!

*
*
*

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

↑このページのトップヘ