ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンから帰国して3年目、月68'000円の生活にも慣れ 安あがりな「お買い得体質」も身に付き、これからも勝手気ままに「貧乏生活」を楽しむEasy Goingなオバサンのブログです。

タグ:#キャッシュレス決済

ポイント還元制度が始まって
1ヶ月がたった。

還元の仕方
お店によって違うようだ。

私はWAONカードをメインで使っている。

近所のスーパー
その場で5%還元してくれるが、

イオンを含めた他のスーパーは、
その月の利用分を集計し、
翌月末日頃WAON(電子マネー)
還元してくれるそうだ。

20191031_154025

初めて、
WAONの「ポイントチャージ」も
やってみた。

ポイントは602P

もともと300Pは入っていたので、
ボーナスポイントを使っても302P

そんなものだよね。


【10月の支出】
  • 管理費     7,000円
  • 国民健康保険料 2,000円
  • 医療費     2,190円
  • 生命保険料   2,000円
  • 固定資産税   2,500円☆
  • 光熱費     6,046円
  • Tel/WiFi/スマホ 10,529円
  • 食 費     22,362円
  • その他     7,083円
(合 計)  61,710円
☆固定資産税は月で割って「支出」に計上



1ヶ月「キャッシュレス決済」を
試した結論は、、

「お得」負けると、
ムダな出費をしてしまうという事。

それは、
「食費」にしっかり出ている。

20170503_133656

「5%還元」という「お得」

「ボーナスポイント」という「お得」

基本的に「お得」という言葉に弱いので、、

要は、
買えば「お金が減る」という事だ。

やっぱり
出ていく「お金」に焦点を合わせ、
本当に必要かどうかを
考えた方がよさそうだ。

ところでこのポイント還元
1日あたり約10億円還元
生じているそうだ。

麻生氏は「ぎりぎり予算は足りる」
と言っているそうだが、、

本当の「お得」は「無駄使い」のお金が、
「貯金」にまわせた時かな?






ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

よく行く近所の地元スーパーは、
魚介類はもちろん新鮮、
野菜果物が特に安く、
お惣菜も手作り感があっていい。

また、
ボリュームいっぱいのお弁当も、
260円という安さ!

地元の人達に愛されているスーパーだ。
Screenshot_2019-10-10-17-30-38

このスーパーももちろん
「5%キャッシュレス還元」をやっている。

ただ大きな表示はなく、
レジの横に
例の赤いシールが貼ってあるだけだが、、

Screenshot_2019-10-10-21-19-09

レジで並んでいる時
何気なく見ていると、
ほとんどの人が現金払いだ。

もっとも
このスーパーのお客さんは、
近所のお年寄りが多い。

お年寄りのお客さん達は、
まずポイントカードを出し、
レジの金額を見ながら
小銭を1枚ずつ取り出して支払う。

ここのポイントカード
50ポイント貯まると、
レジが「チャリン」と鳴って
50円を引いてくれる。

お年寄りに優しいスーパーだ。

私は今回初めて、
WAONカードで支払ってみた。
20191007_140353

消費税を含めた合計から
5%を直に還元してくれた。

この日は小計(税抜)が580円で、
実際支払った金額595円

なので、支払った消費税約3%だ。 

レシートを見て
「キャッシュレス還元」
仕組みがやっと分かったわ。


うちのばあさんは、
「なんだかよく分かんないし、
面倒だから現金払いでいい」と言っている。

これはよく分かる。

現金主義の私は
このお年寄りに近い部分があるからね。

日本でのキャッシュレス決済の比率は
世界に比べるとかなり低いそうで、
はこれを、2025年に40%、
将来的には80%まで引き上げようとしているそうだ。

これからますます高齢化社会になるのにね。

ところで、このキャッシュレス還元
いろいろと組み合わせると
7%〜10%の還元になるものもありそうだ。

ゲーム感覚で楽しみながら、
慣れていくつもりだ。

ただ、還元に気を取られて、
余計な物まで買わないように
気をつけようっと!









ボチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

初めてクレジットカードを持ったのは、
いつだったろう、、

多分、社会に出て
半年位たった頃だったと思う。

バブルの頃は、
「ステータス」とか言って、
AMEXのゴールドカードを持っていた。

Screenshot_2019-09-23-17-08-44

今は知らないが、あの頃は
年会費さえ払えば誰でも持てたと思う。

そして、バブルが弾けた後、
すべてのクレジットカード解約した。

それ以来、
ニコニコ現金払い(昭和のフレーズだ、、)

現金払いは、
当たり前だが
お金の管理がしやすい。

Screenshot_2019-09-23-16-59-19

ただ
カード社会ロンドンでは、
さすがに現金払いだけでは
生活しづらいかったので
VISAのデビットカードを持っていた。

デビットカードは、
支払いと同時に自分の銀行口座から
引き落としがされるので、
現金払いと同じように
お金の管理がしやすい。

しかし日本では、
デビットカード
あまり一般的ではないようだ。

でも、一時帰国する度に、
クレジットカード
必要性を感じてはいたが、、

そして、
30年ぶりのクレジットカードは、
JALの搭乗ゲートのカウンターで作った。

搭乗ぎりぎりまでかかったので、
アナウンスで呼び出しもされたが、、

「今は、こんなに簡単にカードが作れるのか、、」
と思ったね。

Screenshot_2019-09-23-17-12-25

今こうして住み始めて、
いろいろ調べてみると
クレジットカードずいぶん変わった。

以前はクレジット会社
選んでいたような感があったが、、

今は会社を選べる。

なので、
年会費が無料だったり、
ポイント還元率を高くしたりと
サービスも多種多様だ。

の方は、
自分のライフスタイルに合わせて
クレジットカードを選んだり、
変えたりできるようだし、、

私が今持っているJALカードも、
便利に使わせてもらったが
今の貧乏年金生活に合わせて
そろそろ変え時かもしれない。

ただ、
クレジットカード支払にすると
月々の支払いの管理がしづらいわぁ!





ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

先日ラジオを聞いていたら、
秋葉原にある「完全キャッシュレス」
「カフェ」の話をしていた。

Screenshot_2019-06-04-16-58-55

注文支払いスマホアプリに限定し、
こうする事で、列に並ばず注文ができ、
支払いで後ろの方を待たせることがないとのこと。

ふ~~ん。

「完全キャッシュレス」で思い出したが、
ロンドンのあの赤い2階建てバス
現金は使えないScreenshot_2019-06-04-16-48-04

使えるのは
「コンタクトレス機能」が付いた
クレジットカードスマホ
そして、
「Oyster Card / オイスターカード」だ。

「Oyster Card」は、
2003年お目見えしてから、
あっと言う間に
ロンドン市民生活に溶け込んだようだ。

もともとロンドンでは、
2/3ぐらいのカード支払いだしね。

もうひとつ大きな理由がある。

Screenshot_2019-06-04-17-00-38

この「Oyster Card」
ロンドン市内の殆どの公共交通機関利用できる。

しかも地下鉄などは、
通常の切符半額ぐらいで乗れる。

また、
1日に使用する金額の上限があり、
それ以上はいくら乗り降りしても
「タダ」になるはず。

Screenshot_2019-06-04-16-49-24
「Top Up 」も簡単! 「日本語表示」にもなるし、、

ということで、
ロンドン市民には必需品となる
「キャッシュレス カード」だし、
交通局にとっても、
私達利用者にとっても「メリット大」だ。

そう言えば、
日本政府「消費税引き上げ」に伴って、
発表している対策
「キャッシュレス 消費者還元事業」

これは何?

しかも10月1日から9ヶ月間だけの期間限定だって!

何だかオバサンには、
よく分からないけど、、


やるなら「お得感」のある「還元」をして欲しいわ!!







ポチッと応援クリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

↑このページのトップヘ