ぜいたく貧乏のレシピ

10年暮らしたロンドンから帰国して3年目、月68'000円の生活にも慣れ 安あがりな「お買い得体質」も身に付き、これからも勝手気ままに「貧乏生活」を楽しむEasy Goingなオバサンのブログです。

タグ:実家の片付け

約2年前に作った
収納ベンチ
汚れが目立ってきた。
Screenshot_20210404-231654_1

作った当時は
アンティークキリム
使えるようにしたのだが
結局は使わず、、

Screenshot_20210404-231706_1

テーブルの大きさも
家具の配置も変わったが
この収納ベンチは使いやすく
いまだ我が家には
食卓用椅子が無い。
*
多分
ずっとこのままだ。
*
*
ということで
張り替え
スポンジ交換
することにした。
*
使用するのは
実家から持ってきた
敷き布団と交換して
いらなくなった
敷きマットレス
実家で眠っていた
キルト綿布地
P_20210404_144615_vHDR_On

ついでに
側面に板を貼り
ちょっと見た目を
よくして
ペンキ塗り替え

P_20210404_172142_vHDR_On
リフォームされた
収納ベンチ
*
*
前回も
廃材などを利用したので
材料費は1,000円位だったが
今回も
側面に使った
シナベニア462円のみ。

もちろん
「作る」のは楽しいが、

私の場合
モノ使って
減らしていく

「使い切る」楽しい!
*
*
※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

引っ越して来たので
だぶっている
処分して
家の片付け
ほぼ終了だ。

だぶっているとは
例の大型家電

P_20210305_120049_vHDR_On

大型家電
大型冷凍冷蔵庫
冷凍庫
洗濯機
テレビの4点

家電リサイクル費
なんと
33,600円!
2万ちょっとで
収まると思っていたが
甘かったわぁ~。
*
*
では、
ウチのばあさんから
25万円請け負った
住み込み片付け費用
トータルで
幾らかかったかというと、、

Screenshot_20210306-164138_1

[片付け費用]
  • ゴミ袋ー8,200円
  • ゴミ処理代ー11,600円
  • 家電リサイクル費ー33,600円
  • 人形供養費ー1,000円
計64,600円

[住み込み費用]
  • 光熱費ー132,907円[内、灯油代40,918円)
  • 食費その他ー84,809円
計217,716円

合計 282,316円

*
約3,000円のオーバー
*
やっぱり
灯油代40,918円
大きい!
*
それでも
3ヶ月半の滞在で
住み込み費にすると
62,000円くらい。

こんなものでしょう。

Screenshot_20210306-164342_1

ところで
思いっきりよく
捨てられないモノ達
宮崎行きの手配をした。

やはり
日通の「単身パック Lサイズ」分
たっぷりあった。

見積り金額
74,000円

モノ
「使い切って、おしまい」に
したいので
ほとんどが
「使い切れる」モノだが、、

はたして
74,000円かけて
送る価値があるのか
とも思ったりする。

P_20210207_131131_vHDR_On

これは
ウチのばあさん
限ったことではないが、、

「捨てられないから
私が死んだら
捨ててぇ~~!」
身内(ほとんどが子供)に
丸投げするが、、

こっちは
ひとつひとつチェックして
処分していくので
大変なストレスだった。
*
なんせ
我が家の歴史や
思い出や
その他もろもろのモノが
詰まっているからね。
*
*
まぁ
宮崎行きモノ達
5~6年かけて
ゆっくり
使い切っていくわぁ~。

※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

30年前に撮った
東京写真
整理が終わった。
*
あの当時はもちろん
スマホデジカメもない。
*
使っていたのは
京セラサムライ
Screenshot_20210226-223336_1
ズームはもちろん、
いろいろな操作が
片手でできて、

それよりも
ハーフサイズ写真
撮れるのが良かった。
(24枚撮りのフィルムで
48枚の写真が撮れた)

このカメラ
写真はまった!
1614404253091-1157084c-ba57-493d-83e3-a67fd909f5e6_1

特に
レトロな建物
レトロな雰囲気のものを
好んで撮っていた。

その中でも
好きだった建物
北品川にある原美術館

1614257155141-fd6e08ac-9c95-483a-a01c-652509c16cf7_1

今から80年前に
ヨーロッパモダニズム
取り入れた建物
私邸だったのを
美術館として
開館したもの。

1614320070314-29c893bd-25f4-4628-878a-3a4d7c42bef4_1

展示の現代アート
建物とぴったりして
建物全体がアートだった。

1614256721989-dd99bc71-1635-4d9a-8fc6-4c98a85d6f0c
「ゼロの空間」

しかし
残念ながら
2021年1月をもって
閉館した。

あの素敵な建物
どうなるのだろうか、、

今回
写真デジタル化して
インスタUPしたが、

ちょっと調べると
今はない
お店、建物も結構あった。
例えば
Screenshot_20210227-164027_1
文京区弥生にあった
「サトウハチロー記念館」

Screenshot_20210227-164146_1
仲見世通りにあった
手焼き煎餅の「入山せんべい」

古いモノ
歴史あるモノ
消えていくのは
寂しいものです。

でも、
嬉しいこともあって、、
1614407813647-73229539-b0f1-440b-882e-3aa53fc1f12b
「西新宿8丁目」

UPした老舗のお店から
「いいね!」やコメントを
頂いたりすると、、


30年時空を超えて
「いいね!」が
飛んで来た~!
という感じだ。

また
この「コロナ禍」の中で
老舗
意地心意気
頑張ってられるのが
感じられ、
思わずエール
送りたくなる。

落ち着いたら
また
行きたいものだ。

コロナ
早くいなくなれ!
※  ※  ※
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!


実家の片付けは
だけではない。

一番の大物
「実家」そのものの
片付けもある。

P_20210124_073016_vHDR_On_1

我家は
検討した結果
が住むことになった。

どちらの
住宅ローンは
完了しているので
問題はない。

実家は既に
「高齢者用住まい」に
リフォームしている。

P_20210219_093823_vHDR_On
P_20210219_093917_vHDR_On
あちらこちらに
手すりが付いている。

P_20210219_093734_vHDR_On
浴室高齢者用

また
病院やスーパーも近い。

いろいろ比べると
実家の方が
利便性がいい。

それに
親の家残る
いうことは
私にとっても
嬉しいことだ。

は早速
売却の手続きをし
私は
名義変更を開始した。

先ずは直接
法務局に行ってみた。

Screenshot_20210220-192906_1

今は
コロナの関係で
すべて予約制になっていた。

しかも
初期相談電話のみ。

それでも
申請書記入例だけは
もらってきた。

なんとなく
自分で出来そうな
気もするが、、

問題は
「登記原因証明情報」に
添付する
ウチのばあさん
出生から死亡までの戸籍謄本

現在の謄本
問題ないが、、

90歳ばあさん
出生謄本
どうするんだ?

P_20210220_193438_vHDR_On

まずは
現在の謄本を取りに
区役所に行き
ついでに聞いてみた。

担当の方は
「戸籍を追っていけば
個人でも取れます」
とのこと。

でもなぁ、、と思った私は

「でも、やっぱり司法書士
頼んだ方がいいですか?」

すると
「いいえ、司法書士に頼むと
高い手数料を取られます。
自分でやった方がいいです!」
きっぱり言われた。

その言葉に後押しされ、、

ウチのばあさん
生まれた道外
市役所にも電話をし、、

自分で用意した
資料申請書持って
予約した日時
法務局に出かけて行った。

P_20210123_075333_vHDR_On_1_1

どうなるかと思ったら、、

なんと一発で
申請書通った!

かかった費用は
登記免許税
区役所手数料だけ
やってみるもんだ!

司法書士分の手数料
弟に請求しようかなぁ、、


※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

前のブログで
3つに仕分けして
処分していると書いたが

リサイクルショップ行きの物、
「救済処置」に引っかかった物、
それ以外は
「思いっきり処分」するになる。

この
「思いっきり処分」する
当たり前だが
一番多い

ここからは
札幌市
「ごみ仕分けガイド」に
従って仕分けしていく。

P_20210214_154920_vHDR_On_1

まずは資源物仕分け

古紙・ダンボール類
金属類
古着類などだ。

他の地区にもあると思うが
実家のあるにも
資源物回収拠点
リサイクルセンターがある。

今回は
ここをかなり利用した。

Screenshot_20210214-155835_1

ここは小型家電も捨てられる。

また
リサイクル貢献度
500点になると
QUOカード(500円分)も
もらえる。

これ以外の
収集日に合わせて
まめに
捨てることになるのだが、、

問題は大型ごみ!
今回は
数が多いので
手間も大変だが、、

P_20210109_115649_vHDR_On_1
なんたって冬の札幌

下手すると
家のまわりに
家具雪像
作ることになる。

そこで
下請け業者(弟)に
活躍してもらうことにした。

弟は勤め先から
2tトラックを借りる
ことが出来るので
トラック
詰め込むだけ詰め込んで
処理場
自己搬入することにした。
これも
持込むごみによって
搬入先が異なる。
今回は
主に家具
布団袋(6袋もあった!)
古い自転車
物干し竿等々、、
P_20210214_161945_vHDR_On_1

これは
入った時と出る時の
重量の差
ごみの重量になり
それで手数料を支払う。

1回目10,200円
2回目11,400円だった。

現在は
かなり片付き
残っている大物は
冷蔵庫、テレビなどの
大型家電だ。

これまでの処分費
ゴミ袋代を含めても
30,000円位。

これに
家電リサイクル費を入れても
50,000円内で収まりそうだ。

これも
下請け業者(弟)
協力があったからだ。

あり が とうさん!
(みみず が かあさん!)


※  ※  ※

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ
ポチっと応援クリックして頂くと
大変嬉しいです!

↑このページのトップヘ